ネオライフ株式会社 - 住宅のお手入れ、マンション・アパートのメンテナンスならお任せ下さい。 

防水の種類

家を建ててから、防水層のメンテナンスが必要な事は広く知られている事ですが、 そもそもどのような施工を施されているいるのか、知らない方は多いようです。 新築時や物件購入時には、その他に気にしている事(例えばキッチンやお風呂)も 多いはずなので、防水層の仕様まで、説明を受けたり、材料を指定したりする事 も少ないみたいです。 本来であれば、人生で最大の買い物とまで言われる、住宅の購入時に、 そのメンテナンス方法や、長く使う為の工夫を一番重要視してもよいはずです。 このページでは、防水工事の中でも近年の日本の住宅に使われている、 一般的な工法を紹介します。

塗膜防水の種類と特徴

◇ウレタン防水
液体のウレタン樹脂を流し込み、継ぎ目のない防水膜を作る施工方法です。防水工事の中でも主流な施工方法の一つです。
特徴は、耐久年数は少しですが、何度も重ねて施工出来るので、メンテナンスがしやすい事と、工程が少なくて済むので施工にかかる日数や費用を抑える事が出来ます。
液体から塗膜を作るので、躯体の形を選ばす複雑な造りの個所でも施工が可能です。

◇FRP防水
FRPとはガラス繊維強化プラスチックの略で、ガラスを細かく繊維状にして作られたマットを樹脂で固めて防水膜を作る施工方法です。
表面にトップコートを施すので、ウレタン防水に比べ少し長持ちします。仕上がった後は可とう性を持つ硬い仕上がりなので、振動等にも強い防水方法です。

シート防水の種類と特徴

◇塩化ビニルシート防水
塩化ビニル樹脂で作られたシートを接着剤等で面に張り付け、広い面でも短い工期で施工が可能な防水工事です。
シートを使う為、複雑な形の個所での施工には不向きですが、紫外線や熱に強いので、屋上などの防水でよく選ばれる工法です。

◇アスファルト防水
合成繊維不織布にアスファルトを含ませたシート状のルーフィングを液状の溶解アスファルトで貼りアスファルトを複層形成する工法です。
もっとも古い防水工法の一つですが、接着させる際に火を使う事や、匂いが出る事から施工する地域を選んでしまいます。

大きく分けると上記のような種類に分かれますが、各メーカーからいろんな製品がでています。

  • 防水材料の品目のページへ
  • << 前のページに戻る

    ↑ PAGE TOP