ネオライフ株式会社 - 住宅のお手入れ、マンション・アパートのメンテナンスならお任せ下さい。 

見積もりをしよう

どのような業者が多く存在するのかわかったところで、実際に見積もりを依頼してみましょう。
見積もりをいかに上手に、有利に、どこへ頼むべきか?ということをテーマにして、3つのポイントに分けて解説しています。

①複数の業者から見積もりをしてもらう
②説明をしっかりしてもらう
③同じ商品で見積もりをする

複数の業者から見積もりをしてもらう

複数社の見積もり内容を比較することで、希望の工事に今どんな施工が適切なのかが見えてきます。また、工事の費用がどのくらいかかるのかも分かります。 工事の数量は、業者によって結構変わることがあるので要注意。他社とあまりにもかけはなれた数字で計算している業者やは絶対に避けるべきです。 できれば、悪質な業者を避けて最低でも2,3社選び見積もりを頼むべきなのです。

しっかり説明をしてもらう

信頼出来る会社なのか、使用する材料はどのようなものか、自分でしっかり説明を受けましょう。普段の聞きなれない言葉や、専門的な話が出てくると思いますが、わからないことはしっかり質問して、理解しましょう。

同じ商品で見積もりをしよう

例えば、洗面台の交換工事で。見積もりしてもらったの業者は高かったのに、折り込みチラシの見た業者はこんなにも安い!!
とはりきって安い方を選んでしまい、実は洗面台が全く違う商品で当然費用も安いというケース。
実際に行う工事は「洗面台入れ替え工事」だったとしても、新しく購入する商品が違うと、それは金額も違います。
洗面台ならわかりやすいのですが、外装工事や屋根工事、フローリング工事等、つい見た目だけで選んでしまいそうな工事は要注意です。

↑ PAGE TOP