ネオライフ株式会社 - 住宅のお手入れ、マンション・アパートのメンテナンスならお任せ下さい。 

ガルバリウム鋼板

アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%という構成で鉄を守る、耐久性・耐熱性に優れた鋼板です。1972年にアメリカで開発され、現在では外壁材や屋根材としてガルバリウム鋼板が新築時より使用されている物件も増えてきました。

耐久性に優れた外壁材

ガルバリウム鋼板外壁のメリットは、耐久性、耐食性が良い・熱反射率や耐熱性に優れていることです。 また、見た目がスッキリとしていてモダンな雰囲気が出ます。ホワイトからブラックまでカラーバリエーションも豊富で、意匠性のあるデザインもあります。住宅の外壁だけでなくカフェ等オシャレなお店の外壁材としても使われています。

ガルバリウム鋼板を外壁材として選ぶメリット

ガルバリウム鋼板とは、アルミと亜鉛で鉄を守ることにより生まれた耐久性、耐候性に優れた鋼板です。
素材自体の耐久性、メンテナンス回数を減らせる点では外壁材の中ではトップレベルです。耐久性については、窯業系サイディングよりもメンテナンス期間を長くできると思います。窯業系サイディングが10年程度に1回、塗装のメンテナンスを必要とするなら、ガルバリウム鋼板の場合は、目安として15年~20年に1回程度塗装が必要になると思います。
主に屋根に用いられる材料なので、雨や日射に対する耐久性は高いです。窯業系サイディングよりもメーカー数も種類も少ないので、廃盤になる確率も低く、長く製造される可能性の高い材料だと感じています。以前、湿気の多い土地で、漆喰外壁を施工して、カビが生えたということがありました。
有機的材料を湿気の多い土地で使うと、カビのデメリットがあります。ガルバリウム鋼板は平滑なのでカビも付きにくく、湿気の多い場所にも適していると言えます。

製品

各メーカより様々な製品が開発されております。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP