ネオライフ株式会社 - 住宅のお手入れ、マンション・アパートのメンテナンスならお任せ下さい。 

現状素材+各種構造

屋根工事を検討する前に、自分の家がどの作りの屋根なのかを知っておきましょう。
◇屋根の形状について

 

屋根材の種類

●スレート(カラーベスト)
アスベストの心配がない屋根材。特徴として、完全無石綿・商品機能の高さ・豊富なカラーバリエーション・超高耐候性商品がある事。 リフォームにも対応している。メリットは、施工性がよく工期が短い事や費用面での負担が軽い等があげられる。また、軽量で断熱にも優れている。 ●セメント瓦
セメントと砂を調合した物で形成された瓦で、スレート屋根が主流となる前は、多くの新築住宅に使われていました。
顔料を練り込むか、上から塗布されて色を付けている為、年数が経つと変色するので、塗装等のメンテナンスが必要である。 ●日本瓦
日本瓦は、日本国内の粘土を焼いて作った瓦です。釉薬を一緒に焼き上げた釉薬瓦といぶして仕上げられるいぶし瓦があります。
 

基本的な屋根の中の構造

屋根は、表面に見えている屋根材で防水しているのではなく、中のルーフィングによって防水されています。
しかしルーフィングは薄い物なので、耐久性はそれほど優れていません。いかにルーフィングに負担をかけないようにするかが、長持ちの秘訣です。  

  • ルーフィングについてのページへ
  • << 前のページに戻る

    ↑ PAGE TOP